一般社団法人
日本細胞生物学会Japan Society for Cell Biology

細胞生物学会画像1

日本細胞生物学会誌

The web site for "CSF"
-Cell Structure and Function-
published by "JSCB".
-Japan Society for Cell Biology-

第72回日本細胞生物学会大会


【日程】:2020年6月9日(火)~11日(木)
      前日8日(月)に若手の会を開催

【会場】:京都みやこめっせ
【大会長】:森 和俊(京都大学)



News & Topics


巻頭言

巻頭言一覧はこちら
  • CSFにかける野望

    木村 宏(大阪大学生命機能研究科)

     先日、ありがたいことにCellStructureandFunction(CSF)の論文賞をいただきました。賞の対象になったのは、「特異的モノクローナル抗体を用いたヒストンH3修飾の解析」というMethodspaperとしての意味合いが強いものでした。この論文をCSFに投稿するにあたって、密かに期待していたことがあります。それは、論文で発表したモノクローナル抗体を多くの研究者に使ってもらうことで、論

    【Vol.20 September & October】より 続きを読む


  • 民間企業における基礎研究者として

    米原 伸(JT医薬基礎研究所)

     今年の4月に,公的研究機関である東京都臨床医学総合研究所から民間企業であるJT医薬基礎研究所へ研究を進める場所を移しました。「何故民間に移ったのか?」という質問を受けることも少なくありませんので,移るまでに私なりに考えたこと・移ってから感じることなどを記してみたいと思います。大風呂敷を広げていうと,日本の生物学や基礎医学という研究分野に風穴をあけてみたいという気持ちがありました。大学を初めとする日

    【Vol.3 October】より 続きを読む



細胞生物学用語

細胞生物学用語一覧はこちら

海外研究室だより

海外研究室だより一覧はこちら
  • Ira Mellman研究室(Yale School of Medicine, Genentech)

    中村 徳弘(Ira Mellman研究室(Yale School of Medicine, Genentech))

     ・特定領域研究「メンブレントラフィック」ニュースレターから転載 2005年の夏からIraMellmanの研究室に所属しています。研究室はYaleSchoolofMedicineのDepartmentofCellBiologyにあり、GrahamWarrenと共同でラボを運営しています。PIが二人いるラボは珍しく、性格がずいぶん違うように見えるIraとGrahamの二人のもとで研究できたことと

    続きを読む


研究助成・奨励賞・奨学金募集情報

研究助成・奨励賞・奨学金募集情報一覧はこちら

「学会推薦」とあるものについては、応募の前にこちらを必ずご確認ください。

公募・求人情報

公募・求人情報一覧はこちら

※応募の際は、必ず公募機関のホームページ等にて最新の情報をご確認ください。

抗体情報

日本細胞生物学会賛助会員