一般社団法人
日本細胞生物学会Japan Society for Cell Biology

細胞生物学会画像1

日本細胞生物学会誌

The web site for "CSF"
-Cell Structure and Function-
published by "JSCB".
-Japan Society for Cell Biology-

第70回日本細胞生物学会(日本発生生物学会合同大会)


第70回大会ポスター

【日程】:2018年6月5日(火)~8日(金)
【会場】:タワーホール船堀
【大会長】:原田彰宏(大阪大学)

 一般演題投稿受付期間
   2018年1月15日(月)―2月19日(月)
      3月1日(木)に再延長しました
 事前参加登録受付期間
   2018年1月15日(月)―4月19日(木)


●同時開催「2018年度 細胞生物&発生生物 若手交流会


第4回細胞生物若手の会ポスター
  • 【日時】:
       2018年6月5日(大会1日目)13:00~15:30

    【演題登録&参加登録締め切り】:
       2018年5月11日(金)



  • News & Topics


    巻頭言

    巻頭言一覧はこちら
    • 研究者の感性、もしくは、生物学研究と芸術的センス

      木戸屋浩康(大阪大学微生物病研究所)

       この度、第67回日本細胞生物学会大会にて若手最優秀発表賞という名誉と共に、伝統ある巻頭言への執筆という大変な仕事を仰せ付けられた。賞を勝ち取るために、選考会では並々ならぬ強敵と鎬を削ったわけだが、自分が選考されたのが間違いではないのかと思うほど秀逸な研究成果が報告されていた。だだ広い会場の最前列で同世代の研究者の発表を固唾を呑んで見守っていると、モヤモヤとした嫌な感情が沸き上がる。研究初心者が一度

      【Vol.27 March - April】より 続きを読む


    • 30代女性研究者の一人として

      木村 洋子(東京都臨床医学総合研究所)

       労働経済学者の夫が、”Careerpatternsofwomenandmeninthesciences”(SonnertandHolton.1996.AmericanScientist84:63-71)という論文を見せてくれた。これは,アメリカの女性研究者を対象に分析した研究で,制度上の男女平等が達成された現在でも,なぜ多くの女性研究者の地位が低いのか,なぜ多くの女性研究者が消滅していくのかを,以

      【Vol.9 June】より 続きを読む



    細胞生物学用語

    細胞生物学用語一覧はこちら

    海外研究室だより

    海外研究室だより一覧はこちら
    • 医学、医療の未来にポジティブな影響を与える

      浦野 文彦(マサチューセッツ大学医学部)

       ・特定領域研究「タンパク質の社会」ニュースレターから転載(2012-02-29掲載) みなさんお元気ですか?マサチューセッツ大学医学部の、浦野文彦です。こちらで研究室を始めて、10年目に入りました。小胞体疾患の概念の確立と、そのような疾患の診断法、治療法を開発しています。遺伝病であるWolframsyndromeや、糖尿尿、神経変性疾患、自己免疫疾患をターゲットにしています。素晴らしい仲間に

      続きを読む


    イベント情報

    イベント情報一覧はこちら

    研究助成・奨励賞・奨学金募集情報

    研究助成・奨励賞・奨学金募集情報一覧はこちら

    「学会推薦」とあるものについては、応募の前にこちらを必ずご確認ください。

    公募・求人情報

    公募・求人情報一覧はこちら

    ※応募の際は、必ず公募機関のホームページ等にて最新の情報をご確認ください。

    抗体情報

    日本細胞生物学会賛助会員