一般社団法人
日本細胞生物学会Japan Society for Cell Biology

細胞生物学会画像1

日本細胞生物学会誌

The web site for "CSF"
-Cell Structure and Function-
published by "JSCB".
-Japan Society for Cell Biology-

第71回日本細胞生物学会大会(日本蛋白質科学会合同大会)


第70回大会ポスター

【日程】:2019年6月24日(月)~26日(水)
      前日23日(日)に若手の会を開催

【会場】:神戸国際会議場 等
【大会長】:遠藤斗志也(京都産業大学)
 一般演題投稿受付期間
   2019年2月1日(金)―2月22日(金)
   ※若手最優秀発表賞の受付は2月15日(金)まで
 事前参加登録受付期間
   2019年2月1日(金)―5月15日(水)


●大会前日開催「第5回細胞生物若手の会 第1回蛋白質科学会若手の会 合同交流会


  • 【日時】2019年6月23日(日)12:30~16:30
    【参加&発表登録締め切り】2019年5月15日(水)



  • News & Topics


    巻頭言

    巻頭言一覧はこちら
    • 遺伝学のキャッチフレーズとPlatonic ideal

      松本 邦弘(名古屋大学・理学部)

       今まで細胞生物学会とは、ほとんど関わりがなく、たまたま昨年のシンポジウムで話す機会を与えていただき、それでは学会に入ってみようかということで会員になった次第で、それほどまじめな学会員ではない。そのような昔が、学会誌の巻頭言を書いていいのだろうかと自問しつつ、この文章を書いている。研究費やポストの問題について書くと、他の方々が書かれている内容とだいたい同じになりそうなので、ここでは、私が今まで関わっ

      【Vol.3 June】より 続きを読む


    • 少年よ少女よ野心家たれ

      滝澤 温彦(大阪大学大学院理学研究科)

       「少年よ大志をいだけ」とは札幌農学校を興したクラーク博士の名言ですが,日本語で「大志をいだけ」と訳されているambitiousを博士の言わんとした事により近づけて言えば「野心家たれ」の方が良いという話をどこかで読んだ記憶があります。野心家という言葉は日本語ではあまり良い意味に使われないと思いますが,あえてここでは野心家という言葉を使います。また,「少年よ」を「少年よ少女よ」としたのは男女同権を考慮

      【Vol.12 April】より 続きを読む



    細胞生物学用語

    細胞生物学用語一覧はこちら

    海外研究室だより

    海外研究室だより一覧はこちら
    • Ira Mellman研究室(Yale School of Medicine, Genentech)

      中村 徳弘(Ira Mellman研究室(Yale School of Medicine, Genentech))

       ・特定領域研究「メンブレントラフィック」ニュースレターから転載 2005年の夏からIraMellmanの研究室に所属しています。研究室はYaleSchoolofMedicineのDepartmentofCellBiologyにあり、GrahamWarrenと共同でラボを運営しています。PIが二人いるラボは珍しく、性格がずいぶん違うように見えるIraとGrahamの二人のもとで研究できたことと

      続きを読む


    イベント情報

    イベント情報一覧はこちら

    研究助成・奨励賞・奨学金募集情報

    研究助成・奨励賞・奨学金募集情報一覧はこちら

    「学会推薦」とあるものについては、応募の前にこちらを必ずご確認ください。

    公募・求人情報

    公募・求人情報一覧はこちら

    ※応募の際は、必ず公募機関のホームページ等にて最新の情報をご確認ください。

    抗体情報

    日本細胞生物学会賛助会員