日本細胞生物学会Japan Society for Cell Biology

細胞生物学会画像1

日本細胞生物学会誌

The web site for "CSF"
-Cell Structure and Function-
published by "JSCB".
-Japan Society for Cell Biology-

News & Topics


第66回日本細胞生物学会大会

  • 【日程】:2014年6月11日(水)~13日(金)
    【会場】:奈良県新公会堂
    【大会長】:河野憲二(奈良先端科学技術大学院大学)


  • 第67回日本細胞生物学会大会※2014.2.21更新

  • 【日程】:2015年6月30日(火)~7月2日(木)
    【会場】:タワーホール船堀(東京)
    【大会長】:中野明彦(東京大学 /(独)理化学研究所)


  • 巻頭言

    巻頭言一覧はこちら
    • 細胞生物学会はひどい学会か?

      月田 承一郎(国立生理学研究所・生体情報系)

       細胞生物の巻頭言を書くように依頼されて,正直困ったなと感じた。巻頭言なんて若造がものを言う場所ではないと思ってしまう。経験のない若造がでしゃばってはいけないというのは日本的な感性なのかもしれない。私は生活の上ではこのような感性は好きだが,学問特に学会のアクティビティーを上げるのには時としてこのような感性は邪魔である。今の細胞生物学会の年会では一般演題の演者の多くは大学院生を初めとする苦い人たちであ

      【Vol.1 October】より 続きを読む


    • シンガポール型研究室

      峰雪 芳宣 (広島大学理学部生物科学科)

       “シンガポール型研究室”といっても,シンガポールの研究室の話をするわけではない。ひとりで研究しているような小さな研究室での研究の仕方についての話である。最近の生物学では,一つの現象を解析するのに,光学顕微鏡だけでなく,生化学,分子生物学,電子顕微鏡など,様々な技術を組み合わせて使う必要にせまられることが多い。願わくは,これらの機器が必要に応じて使えることが研究者としての希望であり,そうするべく研究

      【Vol.10 May】より 続きを読む


    • 小草若をさがして

      入江 賢児(筑波大学大学院人間総合科学研究科)

       「ちりとてちん」をご存知でしょうか?NHKの朝の連続テレビ小説で、2008年3月まで放送されていたもの(大阪放送局制作)です。関東地区の視聴率は最低だったそうですが、放送後発売されたDVDの売り上げは好調と、関西を中心に人気があったようです。ちりとてちんは、「心配性でなんでも悪いほうに考えてしまうマイナス志向」の、貫地谷しほりが演じる主人公・和田喜代美が女流落語家になるという話です。朝の連ドラのい

      【Vol.19 June,July & August】より 続きを読む


    • 科学者は云いたいことを云う

      小安 重夫(慶應義塾大医学部微生物学教室)

       私事で恐縮だが,小生週末に時々小学生のサッカーチームのコーチをしている。先日4年生のチームの初公式戦があり,張り切る彼らを連れて試合に臨んだ。結果は1対1でPK戦になった。結果は5対4で勝ちを収め,めでたく公式戦初勝利と相成った。コーチとしてはキッカー5人全員がPKを決めたことにいたく感激し,また感心した。しかし試合後に各自に感想を聞いてもっと驚いた。誰一人として緊張したと答えたものがいなかったの

      【Vol.9 January】より 続きを読む



    海外研究室だより

    海外研究室だより一覧はこちら
    • The Morimoto Lab

      松本 弦(Gen Matsumoto, Ph.D.) (理化学研究所 脳科学総合研究センター 構造神経病理研究チーム)

       ・特定領域研究「タンパク質の一生」ニュースレターから転載【2002年8月掲載】 アメリカ中西部の大都市Chicagoから車で北へ30分ほどの閑静な大学町にMorimotoLabのあるNorthwestern大学はある。Northwestern大学は1851年に創立した歴史の深い大学で、昨年創立150周年を迎えた。Northwestern大学のある街、Evanstonは大学を中心とした大学町で

      続きを読む


    • Kaufman研究室へようこそ!!

      榊 建二郎(Kenjiro SAKAKI Ph.D.)(ミシガン大学医学部生化学部門Randal J. Kaufman研究室(現所属:東京女子医科大学 医学部 第2生理学教室 講師 ))

       ・特定領域研究「タンパク質の一生」ニュースレターから転載 (*RandalJ.Kaufman教授が2011年春をもって、ミシガン大学からSanford|Burnham医科学研究所(LaJolla,CA)に異動になりました。) はじめまして。ミシガン大学のRandalJ.Kaufman研究室でポスドクをしております、榊建二郎と申します。この度、遠藤先生より、本項執筆の貴重なお話を頂きまし

      続きを読む


    • 虫をさがしてた~New Jersey United~(Rutgers 大学 Barth Grant研究室)

      佐藤 健(理化学研究所中野生体膜研究室:現群馬大学生体調節研究所細胞構造分野教授)

       ・特定領域研究「メンブレントラフィック」ニュースレターから転載 ラトガース大学(ニュージャージー州立大学)はNewYorkから南に60kmほどのところにあるNewBrunswickという街にあります.この大学は1766年に創設され,全米でも4位ぐらいの学生数を誇るマンモス大学で,明治維新の頃にアメリカではじめて日本人を受け入れた大学だそうです(図1).NewBrunswickはNewYork

      続きを読む


    • 研究室レポート

      庄村 康人(マックスプランク生化学研究所Ulrich Hartl 研究室(現所属:兵庫県立大学大学院生命理学研究科))

       ・特定領域研究「タンパク質の一生」ニュースレターから転載 マックスプランク生化学研究所のあるマーティンスリードという小さな街は,ドイツで三番目に大きな都市であるミュンヘンの西側に隣接している.研究所の周りは緑豊かな森に囲まれており,森を一つ越えれば,ミュンヘン大学のキャンパスに辿り着く.最近では周辺にベンチャー企業も増えてきており,その一帯は学術的には比較的活発な地域である.筆者がポスドクと

      続きを読む


    イベント情報

    イベント情報一覧はこちら

    研究助成・奨励賞・奨学金募集情報

    研究助成・奨励賞・奨学金募集情報一覧はこちら

    「学会推薦」とあるものについては、応募の前にこちらを必ずご確認ください。

    公募・求人情報

    公募・求人情報一覧はこちら

    ※応募の際は、必ず公募機関のホームページ等にて最新の情報をご確認ください。

    抗体情報

    今月の新着抗体情報
    抗体情報一覧はこちら
    公開日件数
    2014-07-119詳細
    先月の新着抗体情報
    公開日件数
    2014-06-301詳細
    2014-06-194詳細
    2014-06-0423詳細

    細胞生物学用語

    細胞生物学用語一覧はこちら
    お薦め細胞生物学用語
    隔離膜田端 桂介
    隔離膜とは、オートファゴソーム形成前に出来てくる扁平な膜構造体のことである。Atg5-Atg12-Atg16L複合体が隔離膜上に局在するが、閉じた構造のオートファゴソームになると複合体は解離する。そのためAtg5-Atg12-Atg16L複合体は隔離膜のマーカータンパク質として顕微鏡観察で使用される。隔離膜形成については参考文献中にあるように、小胞体(ER)と一部が連結している様子が観察されている
    続きを読む
    静的残留と動的逆送中野 明彦
    AからBへという2つの細胞小器官の間でのタンパク質の輸送過程で,Bに進む積み荷タンパク質とAに留まるレジデントタンパク質の選別の概念。レジデントタンパク質が,Aから運び出されることなく留まるメカニズムが静的残留(staticretention),Bに一旦輸送されてからAに送り戻されるのが動的逆送(dynamicretrieval)である。歴史的には,BiPなど小胞体に局在するタンパク質のシグナルと
    続きを読む
    筋原線維(筋原繊維)遠藤 剛
    骨格筋や心筋は収縮することにより,からだの各部の動きや心臓の拍動を担っている.この収縮を担っている筋細胞内の構造が筋原線維である.筋原線維は直径が約1μmで細長い円筒状の構造で,筋細胞内にぎっしり詰まっている.筋原線維を構成するミオシン線維がアクチン線維をたぐり寄せて滑り込ませることにより,筋収縮が起こる.アクチン線維は長さが約1μmに揃っている.その反やじり端はZ線(Z帯,Z盤)に入り込んでおり
    続きを読む
    超解像顕微鏡法岡田 康志
    光が波としての性質(回折)を示すために、無限に小さな光源であっても、その光学顕微鏡像は波長の半分程度の大きさに滲んでしまう。可視光の場合、その大きさは200~300nmであり、これにより光学顕微鏡の分解能は規定される(回折限界diffractionlimit)。 近年、蛍光分子の特性を上手く活用することで回折限界を超える高い分解能を達成する技術が複数開発され、超解像顕微鏡法(super-re
    続きを読む
    新着細胞生物学用語
    公開日語句

    新着実験情報

    新着実験プロトコール
    実験プロトコール一覧はこちら
    公開日実験プロトコール名
    2014-06-30蛍光相互相関分光法(FCCS)による細胞内解離定数(Kd)の測定
    2014-06-19NGMプレート(線虫飼育培地)作製
    2014-05-20抗体を用いた小胞のアフィニティ精製
    2012-06-07Dicerを用いたsiRNAの作製
    2012-04-18アセトンパウダーからのATP, ADPアクチンの精製、ピレンラベル、ピレンアクチンによる重合測定
    2012-04-09ホスホイノシタイド測定方法
    2012-03-24MEFのlysosomal exocytosisのassay
    2012-01-26膵前駆細胞モデルAR42Jの培養
    2011-11-14Drosophila BG2-c6 cell culture
    2011-11-14Drosophila S2 cell cultureとtransfection
    2011-11-14slot lysis protocol
    2011-11-14オルガネラのimmunoseparation
    2011-10-20免疫反応促進試薬Can Get Signal immunostainを用いた免疫細胞染色法
    2011-10-17マウス個体からの膵島単離
    2011-10-14Collagenゲル内におけるMDCK 3次元cystの作成
    2011-10-14MDCK 3次元cystの蛍光染色
    2011-10-12soft-agar colony formation assay
    2011-10-06ノックアウトマウスの作製、解析法について
    2011-10-04コラーゲン・ゲル培養法
    2011-09-29細胞骨格関連分子(微小管プラス端集積因子)の免疫染色
    2011-09-29Monitoring tfLC3
    2011-09-05透過型電子顕微鏡サンプル作製
    2011-09-02マウスの灌流固定法
    2011-09-02凍結包埋法
    2011-08-20CNBr-activated sepharose を用いた抗原タンパク質のカップリング及び抗体のアフィニティー精製
    2011-08-20大腸菌からの組み換えHisタグタンパク質の精製

    日本細胞生物学会特別会員